野鳥の思い出

フィールドで出会った野鳥の写真を公開します。

*土手の草むらに降りたコミミズク

前回の続きです。今回は一度だけでしたが、コミミズクが土手の草むらに降りてくれました。
菜の花が咲いていると、非常に華やかになるのに、と思いました。

resize7778.jpg

resize7777.jpg

resize7779.jpg
すぐに飛び立ちましたが、残念ながら反対側に飛び出してしまいました。

使用機材は、EOS1DXⅡ+EF800mmF5.6L+x1.4コンバータ(Ⅲ型) です。
  1. 2018/02/08(木) 08:58:16|
  2. コミミズク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

*コミミズクのバトル

前回の続きです。今回は、2羽のコミミズクのバトルシーンの写真を投稿します。

resize7751.jpg
突然、土手から2羽のコミミズクが現れ、バトルとなりました。

resize7752.jpg

resize7753.jpg

resize7754.jpg

resize7769.jpg

resize7770.jpg

resize7771.jpg

使用機材は、EOS1DXⅡ+EF800mmF5.6L+x1.4コンバータ(Ⅲ型) です。
  1. 2018/02/07(水) 08:23:54|
  2. コミミズク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

*近くを飛んでくれたコミミズク

前回の続きです。
今回は、比較的近くを飛んでくれたコミミズクの飛翔をご紹介します。

resize7763.jpg
正に、目の前を通過した時のものです。近すぎて、ピント合わせが上手く行きません。

resize7780.jpg
土手の上を左側から飛んで来て、私の右手方向へ飛んで行った時のものです。

resize7781.jpg

resize7782.jpg

使用機材は、EOS1DXⅡ+EF800mmF5.6L+x1.4コンバータ(Ⅲ型) です。
  1. 2018/02/06(火) 12:52:55|
  2. コミミズク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

*1年ぶりのコミミズク

前回、茨城県・稲敷方面へ遠征した際に、期待していたコミミズクが見られなかったため、
茨城県の鳥友に相談したところ、利根川沿いの土手で明るい時間帯にコミミズクが飛ぶ
場所があると教えてもらい、先週末に出かけて見ました。
現地へは、午前10時半くらい着いたのですが、具体的な撮影場所を聞こうと、その鳥友
に連絡してみても、電話が通じない状態でした。お昼過ぎくらいから、徐々にカメラマンが
集まり始め、どうやら土手の下から撮影するらしいことが分かり、早速、場所取りで三脚
とレンズを出して、コミミズクの登場を待つことにしました。すると、午後1時前に、私の目の
前の土手の向こうから、突然1羽のコミミズクが飛んで来ました。こちらの方に飛んで来る
のですが、あまりに近く、対応できず。そのまま、左手方向に飛んで行ってしまいました。
しかし、すぐにUターンして、こちらの方へ飛んで来ました。今度は、落ち着いてピントを
合わせることが出来ました。それから2時間、何度も姿を見せてくれ、途中から、もう1羽も
加わり、時々バトルも見せてくれました。1年ぶりのコミミズクとの再会になりましたが、
今回は風も弱く、薄日の条件のため、あまり寒くなく撮影出来ました(前週とは大違い!)。

resize7747.jpg
この個体が、サービス良く飛んでくれました。右羽の先が欠けているのが特徴でした。

resize7748.jpg

resize7749.jpg

resize7750.jpg

resize7755.jpg
私から右手にある看板の上に止まりました。キョロキョロしてました。

resize7756.jpg

resize7757.jpg
飛びそうな雰囲気になりました。

resize7759.jpg
飛び出しました。

使用機材は、EOS1DXⅡ+EF800mmF5.6L+x1.4コンバータ(Ⅲ型) です。
  1. 2018/02/05(月) 08:44:23|
  2. コミミズク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

*ハイイロチュウヒ雄にも会えました。

昨日の続きです。大陸型チュウヒの撮影に夢中になっている時に、西側から大陸型チュウヒに
近づいてくるチュウヒに気が付きました。この時には、あまり関心なく、大陸型チュウヒを追って
いたのですが、良く観察するとハイイロチュウヒ雄であることが分かりました。しかし、気が付いた
時には、遥か彼方を飛んでおり、もう少し早く気が付けば良かったと後悔しました。

resize7718.jpg
左側が大陸型チュウヒ雄、右がハイイロチュウヒ雄です。

resize7719.jpg
気が付いた時には、葦原の一番奥を飛んでいました。

resize7720.jpg
一応、塒を探しているような飛翔をしておりましたが、ここに降りたかどうか、確認は出来ませんでした。

使用機材は、EOS1DXⅡ+EF800mmF5.6L+x1.4コンバータ(Ⅲ型) です。
  1. 2018/02/01(木) 08:31:08|
  2. ハイイロチュウヒ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ